ドット絵

8-bitで、カクカクした動き、しょぼい画像、ゲーム・・とくれば、ファミコンとかでもおなじみのドット絵ですよね。

ドット絵(dotgram , pixcelgram (?))調べてみました。

ツールはこれがお手軽そうです・・

・ドット絵ナニカ
http://dot-e-nanika.com/
16×16からはじめて、32×32とか「粗目」のドット絵ができるので、今回の目的には合ってました。
32×32で顔写真をコンバートしてみました。(元ネタはGithubで使ってるプロフィール写真。5年ぐらい前に某所で某御方に撮ってもらったやつ)
できあがりが、すごく丁寧に表示されて「おー」」って感じです。

(どうぶつの森モードというのがあるのですが、これはどんな機能なのか試しましたがいまいちわかりませんでした。)

完成品はこちら。できたものをそのままダウンロードができなさそう(?)なので、
別のPaint.Netなどのツールが要ります。32×32だと小さいので、200×200にPaint.NETで拡大しました。(拡大品質:ニアレストネイバー)

・・で改めて完成品みたら、やっぱりまだ、ドットが小さいかな?と思ったので、「肝心の」(!?)8×8に近い、16×16に挑戦。

↑あああっ!_| ̄|○ il||li これでは、誰だかわからない・・ ^^; 人の顔は 32z32 ぐらいが限界のようです・・
・・で、32×32をアイロンビーズって、結構大変そうだけどどうでしょうか?

後述のアイロンビーズで、「エミュー」って鳥の作品も作りたいのですが・・

emu

これが、なかなか、うまくいかず・・(16×16)。。「ドット絵職人」を呼ばられる方の日頃の苦労がわかります。

他のツール

・ドット絵こんばーた
ttps://app.monopro.org/pixel
適当な写真をドット絵に自動変換してくれるみたいです。

Windows版のお絵かきツールもあります。これも試してみました。
・EDGE(フリーとシェア2種あり)
http://takabosoft.com/edge

そして・・今、はやりは、「アイロンビーズ」(←Google画像検索結果)。
ドット絵がそのまま、アクセサリー的なものになる優れもの。
専門のキットもありますし、100円ショップでパチもん ^^; 的なものも
売ってます。
アイロンビーズでこれは別でまとめたいhttp://8-g.jp/iron-beez

今日は土曜日なんですが、私もアイロン片手に(????)出かけてみました!?
コワーキングスペースで夕方実際に 8×8 ぐらの小物を試してみる予定。


コメントを残す